2003年後期雑感

 インタビューなどで「上野さんの音楽ってどういうバックボーンなんですか?」とか「音楽界でどういう位置を目指したいと思いますか?」などと質問されることがよくありますが、私は「パンクです」とか「隙間産業です」と答えることにしています。パンクと言っても縦ノリの激しいビートの様式を言っているのではなく、意識としてアウトローであり、マイノリティーであり、怠惰や退廃という言葉に魅力を感じつつもくだらないことに執心したりする姿勢でありたいという意味なのです。音楽として王道を行けば心地よく聞こえると正解がわかっていても、他にそれをやっている人が沢山いるから自分は別のことしよう、という選択をすることは多いし、こんな変なアレンジ書くの私しかいないなあ、というようなことが自分の中で価値が高く、それがメインストリームからどんどんはずれてしまう結果、隙間産業という表現になるのです。ライターさん達が私の音楽を<癒し系>、<プログレ>などと表すのはその人の感じ方の自由なので否定はしませんが、本人としては常にいくらかの毒やブラックユーモアを込めて作品を送り出しているのです。
 さて、新作「SSS」ですが、表向きにはシンプルで和める作品をと心がけたのですが、自分へのきわめて個人的なコンセプトとして、普段やらないことをやろうというくだらない命題を打ち出しました。まずカバー曲ということ自体、自分で自由にメロディーを書きたい方なのであまりやりませんし、しかもシンプルというのも、ごちゃごちゃしたアレンジの方が好きなのでかなりの難題でした。今までカバーをやる時は、なるべく原曲と違うコード進行で違う雰囲気になるようにしていましたが今回は基本3コードを多用し、アレンジにおいても、普段なら韓国の楽器でアイルランドの旋律をやるなど異種格闘技的手法が好みなのに、国籍の合わない楽器は使わないようにして、いつもは目指さない<フツー>を心がけたという訳です。
 フツーでしかも良い物を作るのは、私にはかなり苦痛で、こりゃマゾアルバムだな、などとぶつぶつ呟きながらも何とか仕上げたアルバムを、幾人かのトラッドミュージックの大家に聴いて頂いたのですが、皆さん口をそろえて「上野さんならではの個性的なアレンジ」という評だったので、自分では王道を行ったつもりがなあんだ、結局お里が知れてしまうものなんだなあという結果に落ち着いてしまったのですが・・・
 そんな自分名義のアルバムをリリースしても、売れ線をやっている訳ではないので全く暮らしていけず、お仕事に精を出すしかないのですが、この不況の折り、仕事があるだけありがたいとはいえ、ちょっとタイトすぎるスケジュールの日々が続いて、精神的に堕落してパンクな音楽を作りたいのに、サクサク自転車操業していた2003年前半だったので、今年残りはもう少しアグレッシヴかつ無駄でありたいなあと思う今日この頃です。

2003.8.24






back